特殊車両通行許可申請とは

大型コンテナを運ぶトラクター、トレーラーや、大型建機車両は事前に道路通行許可を受けなければ走ることができない道路が多くあります。

これはみんなの財産である道路の維持保全や交通の危険を防止する為に道路法で定められています。

厳密には制度この制度を破れば罰則、罰金がありますし、この制度を守る運送組合等へは高速料金が割安になるETCコーポレートカードが利用できるなどのメリットもあります。

また、仕事の現場などによっては、この許可を持っていないと仕事現場入場禁止!としている現場もあるので仕事を受注する上でも大変重要な許可になります。

■一般制限値

長さ 12m(メートル)
2.5m(メートル)
高さ 3.8m(メートル)※高さ指定道路4.1m(メートル)
輪荷重 5t(トン)
軸重 10t(トン)
2つの軸重合計軸距1.8m未満 18t(トン)
2つの軸重合計軸距1.8m以上 20t(トン)
最少回転半径 12m(メートル)
総重量(車両自重+積載物重量+乗員) 20t※重さ指定道路25

トラックが荷物を積んだ状態で、上の表の数値を超えるは特殊車両となり通行許可証を携行しなければ罰則を受ける場合が出てきます。

では、どの様な車両が特殊車両となるのでしょうか・・・

■特車の種類

車両の構造が特殊
車両の構造が特殊な為に一般的制限値のどれかを超えている車両で、トラッククレーン等自走式建設機械、トレーラ連結車の特例5車種(バン型、タンク型、幌枠型、コンテナ用、自動車の運搬用)のほか、あおり型、スタンション型、船底型の追加3車種。 ※追加3車種については、総重量の最高限度の特例は適用されない。
(参照:国土交通省)
②貨物が特殊
分割不可能のため、一般的制限値のどれかを超える建設機械、大型発電機、電車の車体、電柱などの貨物。
③特殊な車両の種類
車両の形態を示したもので必要な軸数、軸距等は運搬する重量によって違う。
単車
トラッククレーン
特例5車種
バン型セミトレーラ、タンク型セミトレーラ、幌枠型セミトレーラ、コンテナ用セミトレーラ、自動車運搬用セミトレーラ、フルトレーラ
※フルトレーラ連結車については、トラック、トレーラの両帆が同じ種類の車両である必要はなく、それぞれが該当すれば良い。
追加3車種
あおり型セミトレーラ、スタンション型セミトレーラ、船底型セミトレーラ(タイプ1)、船底型セミトレーラ(タイプ2)
その他
海上コンテナ用セミトレーラ、重量物運搬用セミトレーラ、ポールトレーラ

上記の様な仕様の車が「特殊車両」に該当し、多くの道路で通行制限を受ける事になります。

(一部の高速道路や指定道路等によっては、制限が緩和される特例が適用される道路もありますが、途中、特例外道路を使用する場合には許可が必要になってしまいます)

 

PAGE TOP