障害年金申請

障害年金申請

 

障害年金は、病気やけがによって生活や仕事などが制限されるようになった場合に、現役世代の方も含めて受け取ることができる年金です。
障害年金には、「障害基礎年金」と会社員等、厚生年金に加入されている方には「障害厚生年金」があり、病気やけがで初めて医師または歯科医師(以下、「医師等」といいます)の診療を受けたときに「国民年金」に加入していた場合は「障害基礎年金」、厚生年金に加入していた場合は「障害厚生年金」が請求できます。
なお、障害厚生年金に該当する状態よりも軽い障害が残ったときは、障害手当金(一時金)を受け取ることができる制度があります。
また、障害年金を受け取るには、年金の納付状況などの条件が設けられています。

障害年金は、それぞれ「1」~「3」の条件のすべてに該当する方が受給できます。

障害基礎年金

1. 障害の原因となった病気やけがの初診日が次のいずれかの間にあること。

・国民年金加入期間
・20歳前または日本国内に住んでいる60歳以上65歳未満の方で年金制度に加入していない期間
*老齢基礎年金を繰り上げて受給している方を除きます。

2. 障害の状態が、障害認定日または20歳に達したときに、 障 害 等 級 表に定める1級または2級に該当していること。
*障害認定日に障害の状態が軽くても、その後重くなったときは、障害基礎年金を受け取ることができる場合があります。

3. 保険料の納付要件を満たしていること。
※20歳前の20歳前の年金制度に加入していない期間に初診日がある場合は、納付要件は不要です。

障害厚生年金

1. 厚生年金保険の被保険者である間に、障害の原因となった病気やけがの初診日があること。

2. 障害の状態が、障害認定日に、障害等級表に定める1級から3級のいずれかに該当していること。

*障害認定日に障害の状態が軽くても、その後重くなったときは、障害厚生年金を受け取ることができる場合があります。

3. 保険料の納付要件を満たしていること。

障害手当一時金

1. 厚生年金保険の被保険者である間に、障害の原因となった病気やけがの初診日があること。
*国民年金、厚生年金または共済年金を受給している方を除きます。

2. 障害の状態が、次の条件すべてに該当していること。
・初診日から5年以内に治っていること(症状が固定)
・治った日に障害厚生年金を受け取ることができる状態よりも軽いこと
・障害等級表に定める障害の状態であること。

3. 保険料の納付要件を満たしていること。

 

この他にも、障害年金は複雑な要件が多くあり、また、一度障害等級が決まってしまうと、簡単には変更にならず、その後の生活に影響をきたしてしまいます。

当初では申請までしっかりと向き合い、調査・準備を行います。

PAGE TOP