事業復活支援金 事前確認や申請時の資料不備について

中小企業診断士

事業復活支援金も3月までの売上が確定し、これから申請を検討されている事業者様が増えていると感じます。

その様な中、事前確認時や申請後の資料不備により後日の再確認や申請後に補正が入るケースも増えています。

事務局ホームページによくある資料不備についての案内が有りますので、確認をしてから申請に望まれる事をお勧めします。

事務局公式HP【重要】申請における注意事項はこちら⇒

特に売上台帳や通帳等の日時や金額などへマーカー等によるアンダーライン(事務局側で分かり易くするための措置)が無いことや、請求書や通帳記入が無い事に対する申立書を作っていないなどで補正が入る事が多いように見受けられます。

お気をつけください。

尚、事前確認は必要書類や、取引の実態、支援金の趣旨の認識など、決められた項目以外は原則確認致しません。金額数値の有効性などはご自身の責任において申請して頂く事となりますので、ご了承下さい。

コメント

PAGE TOP