新型コロナワクチンの接種時休暇取得をどう考える

パンデミック状態を抑える事ができるか。新型コロナウイルスへのワクチン接種が医療従事者や高齢者に続き、一般の方々へも始まりつつあります。

身体的、宗教的や思想などで、接種するか、しないかはそれぞれ尊重しなければなりませんし、会社が強制する事は今の日本でははできませんが、接種しようと思われている方が多いのではないでしょうか。

早めに接種を終えるには、どうしても平日に行く必要が出てくると思われますし、接種後の副反応も出てしまう事が予想されます。

副反応は統計的には接種2回目の方が出やすいそうです。

副反応の程度にもよりますが、発熱等している状態で仕事を強行しても事故等起こしてしまっては後が大変です。

仕事を休まなければならない状態が予想される以上、事前に対応方法を決めておく必要もあるのではないでしょうか。

仕事のスケジュール的にできるだけ無理の無い日に接種をしてもらえるよう、仕事のスケジュール、計画、進捗状態を社内みんなで共有し、接種日には時間有給や半休等、特別休暇を取れるルール(法的には特別休暇を与える必要は原則ありません)を事前に策定して、無用なトラブルを避けられるように検討しておきましょう。

コメント

PAGE TOP